住宅ローンの返済術について第二弾

また返済術のお話になりますが…

年収によって、借りられるお金…決められていますね。

物件を妥協したくないって絶対あると思います。
初めてのマイホームを妥協したくないはずです。
そんなとき、こんな方法があります。

汚いお話になってしまうんですが、背に腹は代えられません。
家族を守らないとですね。

自身の親が例えば、遺産がある場合のお話なんですが…
親の土地を担保に返済する制度があるんです。
親の土地を亡くなった場合、遺産を相続して、すぐ売りますっていう
制約書をと制度がありまして、これを相続時精算課税というですが
そういった方法もあります。

やはり、実家などが対象になりますんで、思い出とか親戚とか、あると思います。
色んな事情ありますよね。
あくまで、手段ですので…

そして続々と新しいローンのサービスがあります。
預金残高に応じて、利息が違うみたいです。

定期預金は大切ですよ。

そして、計画性も大事ですね。
ローン会社と契約をして、そのままの状態で返済していても、いつ何が起こるかわからないのが
人生ですよね。

元金というか、大体、ローンを借りる際は、生命保険とかで担保とかにしたりしますが
そのままで月日が経っても、肩の荷がおりないと思います。

そしたら、1年計画で相談して、年間でどういった返済をしていくか、話し合いをした
方が、早く返せた時が、嬉しいですよね。
copyright(C)住宅ローンを賢く活用